新着情報 » ★埋蔵文化財研究所・お知らせ

速報展「寺町旧域出土『天正拾八年十月』銘線刻瓦」

京都市考古資料館では、4月22日より下記の要項で、速報展「寺町旧域出土『天正拾八年十月』銘線刻瓦」を開催しています。

 

                                             昨年、京都市上京区寺町通石薬師下る染殿町で行われた発掘調査で、「天正拾(十)八年十月」などの銘が線刻された瓦が出土しました。

豊臣秀吉が京都再編成事業で造成した寺町は、天正19年(1591)頃に成立したと考えられていますが、今回出土した瓦は、寺町造成の具体的な年代を示す物証として非常に貴重な遺物です。

展示では、「天正拾八年十月」銘線刻瓦の実物を陳列するとともに、その歴史的意義を解説いたします。

 

 

1.期日   平成29年4月22日(土)~平成29年5月17日(水)

2.開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

3.入館料    無料

4.展示資料 「天正拾八年十月」銘線刻瓦ほか

5.展示場所 京都市考古資料館1階 エントランス

 

更新日2017-04-22    

「現在実施している発掘調査」を更新しました

更新日2017-04-21    

特別展示「伏見城と淀城」記念スタンプ完成

伏見城城下町で出土した金箔瓦をデザインしました。金箔瓦にちなんだ金色のスタンプです。

ピカピカ・キラキラ!

御来館の記念に桃山文化の輝きをお楽しみください。

更新日2017-04-06    

京都市文化財ブックス第31集『天下人の城』販売開始のお知らせ

京都市考古資料館では、4月1日より豊臣秀吉や徳川家康といった現在の京都のまちの形成に大きな役割を果たした天下人たちの築いた城郭について、埋蔵文化財の発掘調査成果を中心に紹介する『天下人の城』を販売しております。

京都市は、全国で唯一、足利将軍家から徳川三代に至る「天下人」たちが城郭を築いた都市です。近年は旧二条城跡、聚楽第跡や初期伏見城跡(指月城跡)などで多くの発掘調査成果が蓄積されてきています。

本書では、最新の調査成果を含めた、豊富な写真と図面を用いて、これらの城郭を紹介していきます。考古学が明らかにした、日本文化の中に燦然と輝く天下人たちの城郭の実像をお確かめください。

 

規  格:A4判 カラー印刷 114ページ

販売価格:1,500円(税込)

発  行:京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

 

更新日2017-04-06    

「リーフレット京都」を発刊・掲載しました。

更新日2017-04-04    

「現在実施している発掘調査」を更新しました

更新日2017-03-30    

史跡ウォーク 風光明媚で自然豊かな「史跡船岡山」のお知らせ

名  称 風光明媚で自然豊かな「史跡船岡山」                                               ~応仁文明の乱、永正の戦 船岡山城跡を見る~
実 施 日 平成29年4月2日(日)午前10時~12時(雨天中止)
集  合 船岡山公園広場藤棚前 午前9時30分受付開始(10時10分受付締切)
解  散 建勲神社
定  員 100名(当日先着順)
参 加 費 無料(事前申し込み不要)
コ ー ス 船岡山公園広場藤棚前【出発】 ⇒ 応仁永正戦跡碑 ⇒ 東屋五山展望所 ⇒  野鳥通(掘割土塁跡) ⇒ 旧国旗掲揚台 ⇒ 山頂磐 ⇒ 平安京測量基点(旧猿舎跡) ⇒ 左大文字展望 ⇒ 地蔵古墳群と磐座 ⇒ スダジイ林 ⇒  史跡船岡山碑 ⇒ 健勲神社【解散】
問 合 先 京都市考古資料館(075-432-3245)
主  催 西陣歴史の町協議会                                                                       公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所・京都市考古資料館

 

チラシはこちら

 

更新日2017-04-02    

「財務状況および事業内容」を更新しました

更新日2017-03-23    

「現在実施している発掘調査」を更新しました

更新日2017-03-22    

「現在実施している発掘調査」を更新しました

更新日2017-03-01