史跡ウォーク2017のお知らせ

史跡ウォーク2017
上京幕末―「大政奉還」その前夜―

 京都御苑一帯は幕末の動乱期、京都御所を中心として数々の大事件が勃発しました。会津藩・薩摩藩を中心とする公武合体派と長州藩を主とする尊王攘夷派が堺町御門で対峙した八月十八日の政変(文久の政変)、蛤御門での激突から京都市中へも戦火が拡がった蛤御門の変(禁門の変)が有名です。また、同志社大学設立前に所在した薩摩藩邸二本松屋敷、蛤御門の変の時の長州藩殉難の墓、薩摩藩戦死者の墓などをめぐります。

 

日 時  平成29年11月26日(日)午前10時~午前12時30分(小雨決行)
集合場所 京都御苑閑院宮邸跡(御苑南西部)
午前9時30分受付開始(10時30分受付終了)
市バス 10・65・93・202・204 烏丸丸太町バス停
市営地下鉄烏丸線 丸太町駅

コース  閑院宮邸跡(スタート)⇒ 堺町御門 ⇒ 凝華洞跡 ⇒ 建礼門 ⇒ 猿ヶ辻 ⇒
明治帝誕生の地 ⇒ 相国寺 ⇒ 長州藩殉難の墓 ⇒ 薩摩藩戦死者の墓(ゴール)

参加人数 先着100名(事前申し込み不要)

参加費  無料

問合せ先 京都市考古資料館 ☎075-432-3245

主 催  西陣歴史の町協議会
京都市考古資料館・(公財)京都市埋蔵文化財研究所

後 援       (一財)京都府社会保険協会

 

更新日2017-09-27