企画陳列「恭明宮って知ってますか?」(6月9日~7月22日 )

  京都国立博物館の構内の調査で、明治時代に建てられた恭明宮の一部が明らかとなりました。恭明宮は歴代皇室の位牌の安置することや東京に随行しなかった女官の居住場所として建てられたもので、文献史料や指図が残されており、発掘成果はその規模や構造を復元する手がかりとなるものです。

  今回は、「明治150年」関連した展示であり、発掘調査で明らかになった遺構から恭明宮の配置を復元し、出土した遺物を展示することで、恭明宮の考古学的な調査成果をご紹介します。

 

 

1.期日   平成 30 年 6 月 9 日( 土 )~ 平成 30 年 7 月 22 日 ( 日 )

2.開館時間 午前 9 時~午後 5 時( 入館は午後 4 時 30 分まで )

3.入館料    無料

4.展示内容 遺物 24 点( 染付 12点、ガラス瓶 2点ほか)

5.展示場所 京都市考古資料館1階 エントランス

 

更新日2018-06-12