新着情報 » 考古資料館・展示

「京都市考古資料館と建築家 本野精吾 -竣工100年を記念して-」(2月14日~6月21日)

平成26年度 京都市考古資料館後期特別展示

 

「京都市考古資料館と建築家 本野精吾 -竣工100年を記念して-」(2月14日~6月21日)

 

このたび、京都市と公益財団法人 京都市埋蔵文化財研究所では、国立大学法人 京都工芸繊維大学の共催をいただき、京都市考古資料館の建物の竣工100年を記念した特別展示を下記のとおり開催いたします。

 現在の京都市考古資料館は、大正3年(1914)に西陣織物館として建築されたもので、日本におけるモダニズム(近代主義)建築の先駆者として知られる京都高等工芸学校(現在の京都工芸繊維大学)教授 本野精吾(もとのせいご)により設計されました。

 展示では、京都市考古資料館の建物や本野精吾の業績とともに、京都市内の近代建築や近代建造物の遺跡・出土遺物、そして京都市考古資料館の現在までの35年間のあゆみを紹介します。皆様の御来館をお待ちしています。

 

 

1 日 時:平成27年2月14日(土)~6月21日(日)

      (開館時間)午前9時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで

      (休 館 日)月曜日(祝日の場合は開館、翌平日が休館)

2 場 所:京都市考古資料館 1階特別展示コーナー・階段下展示ケース

      (京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265番地の1)

3 内 容:京都市考古資料館の建物、本野精吾の業績、京都市内の近代建築や近代建造物の遺跡

と出土遺物、京都市考古資料館35年間のあゆみ

 

○西陣織物館の建築

       京都市考古資料館(西陣織物館)詳細図面

       西陣織物館年表・特別展示一覧

 

○建築家 本野精吾

       本野精吾設計の建物写真・模型

       本野精吾デザインの家具

 

○京都市内の近代建築写真パネル

       同志社大学彰栄館・京都大学文学部陳列館

       京都文化博物館(旧日本銀行京都支店)

       レストラン菊水・新風館(旧京都中央電話局)

 

○市内の近代建造物の遺跡と出土遺物

       京都駅転車台・二条駅転車台

       昭和饗宴殿(京都御苑内)

 

○京都市考古資料館35年のあゆみ

       開館記念式典資料

       考古資料館歴代パンフレット・入館券

 

4 特別公開:旧西陣織物館貴賓室を下記の隔週日曜日に特別公開します。

       2月15日、3月1日・15日・29日、4月12日・26日、5月10日・24日、

       6月7日・21日 公開は午後1時から4時までです。御注意ください。

5 入館料:無料

6 主 催:京都市考古資料館・公益財団法人 京都市埋蔵文化財研究所

7 共 催:国立大学法人 京都工芸繊維大学

8 後 援:歴史街道推進協議会

9 問合先:京都市考古資料館 電話 075-432-3245 FAX 075-431-3307

               E-mail:museum@kyoto-arc.or.jp

 

motono

更新日2015-02-18    

      

更新日2015-02-05    

特別展示 「ここまでわかる! 考古学 -学生が魅せる最先端-」

「ここまでわかる! 考古学 -学生が魅せる最先端-」(平成26年12月16日~平成27年1月25日)

 

平成26年度 京都市考古資料館合同企画展

「ここまでわかる! 考古学 -学生が魅せる最先端-」(平成26年12月16日~平成27年1月25日)

 

 京都市と公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所では,「学生のまち京都」の特性を生かし,考古学を学ぶ若手研究者の集まりである関西学生考古学研究会との合同企画展を,下記のとおり開催します。

展示では,石器,埴輪など学生たちが日頃の研究成果を7つのテーマに分類し,発掘調査で出土した遺物から明らかとなった歴史を興味深く紹介します。また,この企画展は,研究成果を広く市民の皆様にわかりやすく伝える実践の場としても位置付けており,展示資料の収集などの準備作業や遺物の陳列,テーマに沿った研究発表の解説など,全てを学生自身の手で行っています。

出土したものから歴史をみつめる学問である考古学について,親しみやすい展示を通して御理解していただけるものとなっております。皆様の御来館をお待ちしております。

 

1 日  時 

平成26年12月16日(火)~平成27年1月25日(日)

  (開館時間)午前9時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで

(休 館 日)毎週月曜日(祝日の場合は開館,翌平日が休館)

年末年始(12月28日~1月3日)

 

2 場  所 

京都市考古資料館1階特別展示コーナー

  (京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265番地の1)

 

3 内  容 

 ①石  器

  市内および近隣で出土した黒曜岩製石器の展示・蛍光X線分析成果の紹介等

 ②縄文土器

  一乗寺向畑町遺跡(左京区)出土の縄文土器の展示等

 ③埴  輪

  鳥羽遺跡(伏見区)出土の埴輪の展示等

④馬  具

古墳時代の馬具の構造力学的分析等

⑤鉄製品

平安京左京八条二坊(下京区)出土の鋳型の展示・製鉄の復原実験の紹介等

⑥キリシタン文化

市内出土のキリシタン墓碑の展示等

  ⑦動物骨・貝殻

市内出土の動物骨・貝殻の分析等

 

4 入 館 料 

無料

 

5 主  催 

京都市考古資料館・公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所

関西学生考古学研究会

 

6 問合せ先

京都市考古資料館 

電話 075-432-3245 FAX 075-431-3307

E-mail:museum@kyoto-arc.or.jp

 

 

 繝√Λ繧キ_繧ェ繝「繝・olのコピー 

*終了しました

更新日2015-02-03    

現在はありません

更新日2015-02-03    

平安京の文字・掘り出された歴史(09/23~11/15)

三館合同展「平安京の文字 -掘り出された歴史-」

 

 

 京都市考古資料館では、9月23日より、下記の要項で三館合同展「平安京の文字 -掘り出された歴史- 」を開催しています。

 京都産業大学ギャラリーむすびわざ館・京都生涯学習総合センター(京都アスニー)平安京創生館との合同企画です。

 

 

1.期日   平成26年9月23日(火・祝)~平成26年11月15日(土)

 

2.開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

3.入館料  無料

 

4.展示遺物 平安京と周辺地域から出土した木簡や文字を記した金属製品・石製品

       ・「内酒殿」木簡(京都市指定文化財)

       ・「西市」出土 木簡

       ・「化野」出土 梵字を記した蔵骨器の蓋(京都市指定文化財)

       ・「鳥羽離宮」出土  など

 

5.展示場所 京都市考古資料館1階 企画陳列コーナー

 

 

 

 

更新日2014-12-01    

右京区鳴滝発見の古墳時代の須恵器(09/07~09/19)

京都市考古資料館速報展「新蔵資料 右京区鳴滝発見の古墳時代の須恵器」

 

 

 京都市考古資料館では、9月7日より、下記の要項で速報展「新蔵資料 右京区鳴滝発見の古墳時代の須恵器」を開催しています。

 

 

1.期日   平成26年9月7日(日)~平成26年9月19日(金)

 

2.開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

3.入館料  無料

 

4.展示遺物 右京区鳴滝で出土した古墳時代後期はじめ頃の須恵器の壷と高杯

 

5.展示場所 京都市考古資料館1階 入口階段下展示ケース

 

更新日2014-09-08    

平安京右京北辺三坊六町跡出土の越州窯青磁唾壷(8/2~8/24)

京都市考古資料館速報展「平安京右京北辺三坊六町跡出土の越州窯青磁唾壷」

 

 

京都市考古資料館では、8月2日より、下記の要項で速報展「平安京右京北辺三坊六町出土の越州窯青磁唾壷」を開催しています。

 

 

1.期日   平成26年8月2日(土)~平成26年8月24日(日)

 

2.開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

3.入館料  無料

 

4.展示遺物 越州窯青磁唾壷(平安京跡の発掘調査では初めて、ほぼ完全な形で出土し

ました)など。

 

 

5.展示場所 京都市考古資料館1階 エントランス

 

更新日2014-08-07    

「桃山の茶陶-備前と信楽-」(7月12日~11月30日)

平成26年度 京都市考古資料館前期特別展示

「桃山の茶陶-備前と信楽-」(7月12日~11月30日)

 

このたび、京都市と公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所では、発掘調査の成果を広く市民の皆様に公開することを目的として、平成26年3月31日に京都市有形文化財に指定された「三条せと物や町界隈出土の『桃山茶陶』(弁慶石町出土品)」を中心に、豊富な写真やパネルを用いた時別展示を下記のとおり開催いたします。

今回の展示では、出土した桃山茶陶を多数陳列し安土桃山時代の「茶の湯」の隆盛を感じ取っていただける内容になっています。皆様の御来館をお待ちしています。

 

 

1 日 時:平成26年7月12日(土)~11月30日(日)

(開館時間)午前9時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで

(休 館 日)月曜日(祝日の場合は開館、翌平日が休館)

 

2 場 所:京都市考古資料館 1階特別展示コーナー

(京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265番地の1)

 

3 内 容:安土桃山時代に三条通に存在した「せと物や町」の賑わいを豊富な出土資料から解説

○パネル・地図・絵図

・安土桃山時代の茶の湯の概説

・関連遺跡地図

・生産地の状況(備前・信楽・美濃)

・同時期の備前・信楽が出土した遺跡

・弁慶石町の調査風景

・「三条せと物や町」界隈出土遺物

○遺物

・弁慶石町出土遺物(備前・信楽・黄瀬戸・瀬戸黒・志野・唐津)

・下白山町出土遺物(備前・信楽)

・中之町出土遺物(志野・織部・美濃唐津・唐津・高取)

・弁慶石町と同時期の備前・信楽

 

4 入館料:無料

 

5 主 催:京都市考古資料館・公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所

 

6 問合先:京都市考古資料館 電話 075-432-3245 FAX 075-431-3307

E-mail:museum@kyoto-arc.or.jp

更新日2014-07-14    

速報展・寺町・大雲院跡の発掘調査(03/07~04/12)

京都市考古資料館速報展「寺町・大雲院跡の発掘調査」

 

 

京都市考古資料館では、3月7日より、下記の要項で速報展「寺町・大雲院跡の発掘調査」を開催しています。

 

 備前焼の壷に納められた約5万枚の銅銭や豊臣秀吉の甥・秀次の供養塔などの貴重な出土遺物を展示しています。

 

 

1.期日   平成27年3月7日(土)~平成27年4月12日(日)

 

2.開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

3.入館料  無料

 

4.展示遺物 大雲院跡出土埋納銭・豊臣秀次供養塔など

 

5.展示場所 京都市考古資料館1階 エントランス

 

mainou

 

更新日2015-03-10    

企画陳列「縄文時代の食-上里遺跡の調査から-」(6/14~7/13)

京都市考古資料館企画陳列「縄文時代の食-上里遺跡の調査から-」

 

京都市考古資料館では、6月14日から、下記の企画陳列「縄文時代の食-上里遺跡の調査から-」を開催しています。

 

 

1.期日   平成26年6月14日(土)~平成26年7月13日(日)

 

2.開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

3.入館料  無料

 

4.展示遺物 上里遺跡出土のマメ・ドングリ、イノシシやコイの骨など

 

5.展示場所 京都市考古資料館1階 エントランス

 

 

更新日2014-12-25