新着情報 » ★埋蔵文化財研究所・お知らせ

歴史シンポジウム「応仁の乱後の御所文化~上の町と御所~」の動画配信について

 
   今の上京の暮らしの文化の礎となった中世から近世の御所文化と上京との関わりについて再認識し、将来のまちづくりへつなげていくため、歴史シンポジウム「応仁の乱後の御所文化~上の町と御所~」( 令和3年7月4日、上京区総合庁舎にて開催 ) の動画配信をします。

 

シンポジウムのようす

 

内容


※下記より再生ページへリンクしています。

 

【基調講演】 「 遺跡からたどる御所文化 」( 約60分 )

 
        山本雅和氏 ( 京都市考古資料館 館長 )

 

【対談】 「 応仁の乱後の御所文化」( 約60分 )

 
        冷泉貴実子氏 ( 冷泉家時雨亭文庫 常務理事 )

        山科言親氏 ( 衣紋道山科流30代家元後嗣 )

        コーディネーター 山本雅和氏

 

資料


シンポジウム配布資料 ( PDFファイル )

 

 

 

 

 

 

更新日2021-08-21    

「リーフレット京都」を発刊・掲載しました。

更新日2021-08-20    

臨時休館のお知らせ

臨時休館のお知らせ

令和3年8月20日 (金) ~ 9月12日 (日)

 

 京都市考古資料館では,緊急事態宣言の発出にともない,新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため,令和3年8月20日(金)から9月12日(日) まで,臨時休館いたします。

 ご迷惑をお掛けいたしますが,ご理解ご協力をたまわりますようお願い申しあげます。

 

更新日2021-08-19    

【終了しました】企画陳列「地下鉄烏丸線の発掘調査」(8月6日~9月26日)

 
   京都市考古資料館では、京都市歴史資料館の令和3年度特別展として開催されている「こんにちは京都市電-京都市電関係資料をひもとく−」(6月18日~11月7日)の連携事業(2回目)として、京都市電の後継となる高速鉄道(地下鉄)烏丸線建設計画に伴う発掘調査で確認した遺跡・遺物を紹介する企画陳列「地下鉄烏丸線の発掘調査」を開催しています。

   展示では、地下鉄烏丸線の発掘調査の概要と調査で出土した主要遺跡の遺物とともに、調査状況や遺構などを写真パネルで紹介します。

 

 

 

1.期     間 令和3年8月6日 (金) ~ 令和3年9月26日 (日)

2.開館時間 午前 9時~午後 5時( 入館は午後 4時 30分まで )

3.入館料    無料

4.展示場所 京都市考古資料館1階 エントランス

 

 

更新日2021-09-28    

【開催中】特別展示「平安京をつくる・たもつ」(~令和3年11月21日)

 

 この度、京都市考古資料館では、平安時代前期から中期を中心に平安京の造営、改造と再建、修理をテーマに、特別展示「平安京をつくる・たもつ」を下記のとおり開催します。

 羅城や条坊街路、平安宮内、平安京域の役所や東寺・西寺などの官営施設について最新の発掘調査成果を紹介します。また、このたび京都市の有形文化財に指定された小野瓦窯跡出土品をはじめ、平安京の造営、改造と再建、修理に不可欠であった瓦窯と瓦の生産・供給体制について、出土遺物や発掘調査の写真などから紹介します。

 

小野瓦窯跡出土品

1.日 時

令和 3年 7月 10日 (土) ~  11月 21日 (日)
(開館時間)   午前 9時~午後 5時 ※ 入館は午後 4時 30分まで
(休  館  日) 月曜日 ※ 月曜日が祝日・休日の場合は翌平日が休館

2.場 所

京都市考古資料館 1階特別展示室
(京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265番地の1)

3.入館料 

無料

4.主 催

京都市
京都市考古資料館 公益財団法人 京都市埋蔵文化財研究所

5.後 援

歴史街道推進協議会

6.案内チラシ

PDF

7.問合先

京都市考古資料館 電話 075-432-3245 FAX 075-431-3307
E-mail:museum@kyoto-arc.or.jp

 

 

 

更新日2021-10-01    

京都市考古資料館の運営について

更新日2021-07-29    

「財務状況および事業内容」を更新しました

更新日2021-07-19    

「リーフレット京都」を発刊・掲載しました。

更新日2021-06-28    

【終了しました】企画陳列「汽車土瓶と転車台の煉瓦」(~8月1日)

終了しました

京都市考古資料館では、6月18日より京都市歴史資料館の令和3年度特別展として企画されている「こんにちは京都市電-京都市電関係資料をひもとく-」の連携事業として、下記の要項で、京都の鉄道に関する遺跡・遺物を紹介する企画陳列「汽車土瓶と転車台の煉瓦」を開催しています。

展示では、京都駅周辺の発掘調査の概要と京都駅構内(都シティ 近鉄京都駅)で出土した汽車土瓶や、京都駅の転車台跡に使用されていた煉瓦とともに、写真パネルで紹介します。また、二条駅隣接地の調査で出土した京都鉄道(現在のJR嵯峨野線の前身)の社名・社章が入った土瓶・湯呑を陳列します。

 

 

 

1.期     間 令和3年6月18日 (金) ~ 令和3年8月1日 (日)

2.開館時間 午前 9時~午後 5時( 入館は午後 4時 30分まで )

3.入館料    無料

4.展示場所 京都市考古資料館1階 エントランス

 

 

更新日2021-08-03    

寄付者ご芳名を更新しました

更新日2021-06-16